真っ赤な曼珠沙華と高麗神社をふらっと。

久しぶりの更新になってしまいました…。

そして、久しぶりの日差しということで、埼玉県日高市にある巾着田を彩る曼珠沙華と、高麗郡建郡1300年ということで、高麗神社にふらっと散歩してきました。

巾着田へは、以下の方法で行けます。詳しくは、ホームページを参照ください。(http://kinchakuda.com/)

【公共交通機関で】

・西武池袋線高麗(こま)駅下車徒歩約15分

・JR川越線・八高線高麗川(こまがわ)駅下車徒歩約40分

【車で】

・関越自動車道「鶴ヶ島」I.Cから14Km ・圏央道「圏央鶴ヶ島」I.Cから11Km

・圏央道「狭山日高」I.Cから8Km

※休日の駐車場は混んでますが、高麗駅や高麗神社からシャトルバスが運行しています。

 

私は、高麗神社から徒歩の予定でしたので、まずは高麗神社へと。ただ、道は大渋滞です…。そのため、時間には余裕を見た方が良いと思います。 本来であれば、30分ほどのドライブのはずが、1時間以上(若干裏道を使って)かかりました。

img_1474

(鳥居の前)

img_1476

 (高麗神社の由来)

img_1478

(社殿)

 

出世と開運の神様が祀られているということで、政治家などお参りの記念が至る所に…。しかも、2016年は高麗郡創設1300年の記念の年という事で、パワーも更に倍?ですかね。

 

パワーも頂いた事で、巾着田へGO!

 

高麗神社から30分ほど歩けば、巾着田の入り口です。久しぶりの良い天気に、薄っすら汗もかきましたが、ちょうど良い散歩です。img_1484

 (入り口の看板)

img_1485

(遊歩道)

 

遊歩道から混んでますが、巾着田を作った高麗川のおかげで、爽やかな風を感じながら歩く事が出来ます。そうそう、看板にも紹介されておりますが、巾着田とは高麗川が湾曲し、巾着のような形をしており、そこに渡来人が田んぼを作った事から、この名前で呼ばれているそうです。

 

…確かに巾着。

 

遊歩道を5分ほど歩くと、公園への入り口があります。入場には、大人300円がかかります。

img_1488

(入り口)

入った瞬間に、曼珠沙華ーーーー!

一面、真っ赤な曼珠沙華が咲き誇っております。

img_1492

(ちょっとアップ)

img_1493

(引き気味)

曼珠沙華は、どう撮影したら綺麗に見えるのだろう??と、探ってみましたが難しいですね。軽い散歩が渋滞に巻き込まれてしまい、時間が掛かってしまいましたが、この景色が見れれば良し!でしょう。

建郡1300年という事で、色々とイベントもしております!まだもう少し楽しめそうです。天気を見ながら、是非とも足を運んで見てください。

それでは、またー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*